ITmedia LifeStyleにて、「iPhone 6s/6s Plus」を試用した感想が公開されました! 6s体験記事は22日21時一斉解禁なので、気になる人は主要IT関連メディアを回ってみましょう。

「iPhone 6s」のここがスゴい! 乗り換えたくなる5つの理由
http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/1509/22/news033.html

PC USERにも同じものが掲載されています。
http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1509/22/news033.html

私は僭越ながら今回初めて一足先に体験させてもらう機会をいただきました。ありがとうございます!
自分なりに一生懸命書きました。今まで書いてきたすべての原稿の中でいちばん時間がかかりましたw

001

お借りした6sと6s Plusを使いながら、事前に使えそうなネタをメモしたり、記事の構成を考えたりしていたので、あとは文章化するだけだとタカをくくっていたのが20日。

ある程度頭のなかで固まって、今日中にできそうだな〜と本格的に書きはじめたのが21日。できるわけなかった。書いても書いても書いても書いてもさらに書きたいことが湧き出てくる! 一向に終わらないんですよ原稿が。

2000字くらいでまとめるつもりが、「あの機能はみんなびっくりするはず」「この要素は伝えないと!」とトッピングはとどまるところを知らず、トッピングだけで新たなおかずができ上がり、それならつけあわせも変えないとね、と品数がどんどん増加。


結局21日中には終わらず、「お風呂上がったら再開します」と担当編集さんに伝え、風呂から上がってそのまま寝落ちし、22日の午前中に執筆再開。ごはんを食べ忘れ、ろくに休憩も取らず、夢中で作業を続け、終わったのは19時半でした。肩がバキバキに凝ってた。


後半は原稿より画像や動画といった素材作りが中心でした。
今回は「3D Touch」とか「Live Photos」とか、文章化するのが難しい機能が多い。だからできるだけ文字で説明しつつ、写真や動画で体感してもらえればと思ったんですが……。たとえば画面をプレスしながらのキャプチャって難しいんですよ。右親指で画面を軽く押しながら左親指でホームボタン、人差指でスリープボタン押さなきゃいけないから。あたしゃ千手観音か。

動画はiPhoneの画面操作をQuickTime Playerでキャプチャするんだけど、メールアプリって宛先に自分の情報が出ちゃうんですよね。iMovieだと部分的なモザイクをかけるのが難しいらしく、編集に四苦八苦。苦し紛れに「ピクチャインピクチャ」機能で宛先部分を黒い画像でつぶしたけど、そのせいで動画が見づらくなってしまいました。連絡先情報を適当に変更するほうが早かったし、動画も見やすくなったはず。んんー反省です。


そうこうしながら
最終的に5000字近くあるボリュームてんこ盛りな記事が完成(キャプション含む)。読み終わった人はカツ丼定食2杯を食べた気分だと思います。いや、私の文章力で最後まで読んでもらえるのかなこんなのw これでもかなり削ったほうで、本当は、指紋検出速度がぎょっとするレベルで速くなっている「Touch ID」第2世代のすごさとか伝えたかった!

本来ならITmediaの「週末Apple Pick Up!」や、ASCII.jpの「iPhone Tips」連載で毎週取り上げながらワンシーズンかけてやっと網羅できるレベル。
それを記事1本でまとめるなんてムリだったんだよ!www

とにかく今回の6sって取り上げたい楽しい要素が多いんですよ。
今回は「s」シリーズなのに、個人的には5s→6のときよりワクワク感が大きい。5sはメインのLINEとApple Musicが入っているから今も使っているけど、カメラのショボさと3D Touchのない操作感がもうツラい。バッテリーがヘタって持たないのもツラいw 5sは5sでずっと愛用してきたんですけどね。薄情な女みたいだけどしょうがない。


女といえば、記事の意向であった「女性視点」「エンドユーザー視点」を重視する必要があったにもかかわらず、技術的な話を入れたり専門用語を使ったのはよくなかったかもと少し反省しています。私も他のITライターさんみたいにかっこいい文章書きたいって色気づいてしまいましたw

近々Apple Watchの新色と「Watch OS 2」についても取り上げるので、そのときは完全に振りきって書こうと思っています。よかったらご一読くださいませー。